三角 Top
三角 Topics
三角 Shop List
GEAR'S JAM
GJ 梅田
GJ 福岡
GJ 横浜
GJ 大分
GJ 町田
GJ 越谷
GJ 長崎
GJ 伊勢崎
GJ 京都
GJ 昭島
GJ 水戸内原
GJ 池袋
GJ つくば
GJ 各務原
GJ 和歌山
GJ 名古屋茶屋
GJ IP宇都宮
GJ 四條畷
GJ 久留米
GJ FKD宇都宮
GJ 大和郡山
JAMHOUSE
JH 梅田・橿原
三角 LineUp
三角 Message
三角 Brand
三角 Recruit
三角 Staff Blog
三角 Corporate Profile
pic1
zoom GJ in AEON MALL-shijo
pic2
コンセプト
「町も深い眠りに入り、今日もまた一日が終わろうとしている。
今日一日のエピローグ、クロスオーバーイレブン。」
なんと1978年〜2001年もの長きに渡り放送されたNHK-FMの深夜番組である。(城 達也のジェットストリームは全くの別物)
この「クロスオーバー」という響き、何とも混沌としていてカオス的で実にいい。私の中では、フュージョン前夜というイメージがあり、NY的ではあるのだが、フュージョンほど洗練されておらず、その喧噪感がたまらなくいい。まず最初に浮かんでくるのが、70年以降のマイルス・D、ハービーハンコックである。彼らはこの頃から(実質は少し前から)Jazzファンク的なアプローチで新しいJazzのスタイルを展開して行く。これがその後、ボブジェームスやジョージベンソン、ウエザーリポート等々に受け継がれて行き、70年代も後半になると、卓越したテクニックを持つ数多くのアーティストが登場し、昭島的フュージョンへと受け継がれていく。90年代になると、さらに洗練されスムーズジャズへと移行してゆくのだが、そこからは、知らない。 また、私の好きな「プログレ」もロックをベースとしたクロスオーバーな世界を構築してゆくのだが、ここではJazzベースの世界に留めておこう。(いずれ、キングクリムゾンにおけるJazz的インプロビゼーシ ョンの世界について語る機会もあるだろう。)
少し北へ上がれば京都、東へ向かえば奈良。名前も何となくなく、何となくではあるが、「四条畷」と三都のクロスオーバーではないか。
いやいや、まさに「クロスオーバー」
大阪では、梅田の2店舗に続き3店舗め。(うち1店舗は梅田JH)
スタッフも楽しくクロスオーバーしてます。品揃えも、かなりのクロスオーバーです。特にBAGのそれは圧巻。最早、梅田を超えた!
大阪の皆様、大阪近郊の皆様、日本中の皆様、うめだ共々お引き立てくださいますようお願い申し上げます。
2015.10月 オープン
pic3 pic4
スタッフブログ
Staff Blog  
アクセス
〒575-0001
大阪府四條畷市砂四丁目3番2号
イオンモール四條畷3F
TEL.072-800-6037